WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

WordPress 4.9.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

2018年4月3日、WordPress 4.9.5 がリリースされました。
WordPress 4.9.5 はセキュリティを含むリリースなので、様子を見て重大な不具合が混入されていないことが確かめられたなら、速やかに更新することをお勧めします。

WordPress 4.9.5リリース告知によると、このメンテナンスリリースは WordPress Version 4.9の28件の問題を修正します。これにはカスタマイザー、メディアライブラリ、エラー通知、セキュリティ修正が含まれます。 同梱のテーマ Twenty Seventeen および同梱のプラグイン Hello Dolly も更新されました。

WordPress 4.9.4およびそれ以前のバージョンは3件のセキュリティ問題の影響を受けます。セキュリティ強化に対するコアチームの継続的なコミットの一環として、WordPress 4.9.5では以下の問題が修正されました。
・SSL が強制されている場合、ログインページをリダイレクトする際に wp_safe_redirect() へ切り替え
・get_the_generator() から返される HTML のエスケープ
・wp_http_validate_url() に localhost を許可しない

詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.9.5 のページで確認してください。
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.9.5』
『WordPress Codex Version 4.9.5』

WordPress 4.9.4 メンテナンスリリース

WordPress 4.9.4 メンテナンスリリース


2018年1月6日、WordPress 4.9.4 がリリースされました。

WordPress 4.9.4 では 4.9.3 の重大なバグが修正されています。
重大なバグとは、自動更新が出来なくなってしまった不具合だそうです。
自動バックグラウンド更新をサポートするサイトでも自動的に更新されませんので、4.9.4 に更新されるための手動で実施する必要があります。

詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.9.4 のページで確認してください。(2018/2/7日時点では日本語版のページが作成されていません)
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.9.4』
『WordPress Codex Version 4.9.4』

WordPress 4.9.3メンテナンスリリース

WordPress 4.9.3 メンテナンスリリース

WordPress 4.9.3 メンテナンスリリース
2018年2月5日、WordPress 4.9.3 がリリースされました。

WordPress 4.9.3 では、Customizer チェンジセット、ウィジェット、ビジュアルエディタ、および PHP 7.2との互換性に関する修正を含む、4.9の34のバグが修正されています。

詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.9.3 のページで確認してください。(2018/02/07 日時点では日本語版ページが作成されていません)
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.9.3』
『WordPress Codex Version 4.9.3』

WordPress 4.9.2セキュリティ・メンテナンスのリリース

WordPress 4.9.2セキュリティ・メンテナンスのリリース

WordPress 4.9.2セキュリティ・メンテナンスのリリース
2018年1月16日、WordPress 4.9.2 がリリースされました。

これは、WordPress 3.7以降のすべてのバージョンのセキュリティおよびメンテナンスリリースです。
すぐにサイトを更新することを強くお勧めします。

WordPress 4.9.2で21個のバグが修正されました。

詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.9.2 のページで確認してください。
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.9.2』

WordPress 4.9.1 セキュリティ・メンテナンスリリース

WordPress 4.9.1 セキュリティ・メンテナンスリリース

2017年11月30日、WordPress 4.9.1 がリリースされました。

WordPress 4.9.1は、WordPress 4.9 およびそれ以前のバージョンで、4件の潜在的にマルチベクトル型攻撃の一部として機能し得るセキュリティ問題が存在していました。
セキュリティ強化コアチームの継続的なコミットにより、WordPress 4.9.1 でそのセキュリティ問題が修正されました。

また、セキュリティに関する問題に加えて WordPress 4.9.1 では11件のメンテナンス修正が実施されています。

詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.9.1 のページで確認してください。
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.9.1』

WordPress 4.9 リリース

WordPress 4.9 リリース

2017年11月15日、WordPress 4.9 が公開されました。

4.9 の新機能は、デザインワークフローをスムーズにし、コーディングエラーのミスをしなくて済むようにチェックをしてくれます(らしいです)。
その他に、下書きから公開までを予約できたり、記事の編集を複数で行っている場合の編集衝突防止や、公開前にプレビューを編集者以外にも見えるようにするプレビューリンクなどがあります。
まだいろいろな機能が追加・変更されています。

詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.9 のページで確認してください。
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.9』

WordPress 4.8.2 リリース

WordPress 4.8.2 リリース

2017年9月19日、WordPress 4.8.2 が公開されました。

主な変更点

9件のセキュリティ問題に対応し、6件のメンテナンス修正が実施されています。
以前のすべてのバージョンに対するセキュリティリリースですので、直ちにアップデートすることを強くおすすめします。

セキュリティ問題については詳しくは下のWordPress Codex 日本語版 Version 4.8.2のページで確認してください。
『WordPress Codex 日本語版 Version 4.8.2』

WordPress 4.8.1 リリース

WordPress 4.8.1 リリース

WordPress 4.8.1 リリース
2017年8月2日、WordPress 4.8.1 が公開されました。

主な変更点

WordPress 4.8.1 には 29件のメンテナンスフィックスと拡張が含まれています。
大きな変更は、リッチテキストウィジェットの修正とカスタム HTML ウィジェットの追加です。

今回のリリースは、セキュリティリリースではないので特に急いでアップデートを行う必要はありません。
また、自動アップデートに対応していますので、自動バックグラウンド更新の設定を行っている場合には自動でアップデートが行われている場合があります。

WordPress 4.8 リリース

WordPress 4.8 リリース

2017年6月8日に WordPress バージョン 4.8 “エバンス” が公開(リリース)されました。
ジャズ・ピアニストで作曲家の William John Bill “Evans” から命名されているそうです。

主な変更点

4.8 の新機能は自分自身やブランドを表現するためにより多くの機能が追加されました。
■画像ウィジェット
ウィジェットへの画像追加が、簡単な操作でできるようになりました。
ウィジェット設定内で自分や旅先での写真を画像を挿入するだけで、自動で表示されます。
■動画ウィジェット
ウェルカム動画を動画ウィジェットを使って、メディアライブラリにアップロードした動画をサイドバーに追加できるようになりました。
■音声ウィジェット
音声ファイルをウィジェットに追加する操作が、いままでになく簡単になりました。
メディアライブラリに音声ファイルをアップロードしてウィジェット設定に移動しファイルを選択するだけで、訪問者に聴いてもらえます。
■リッチテキストウィジェット
リッチテキスト編集機能が、テキストウィジェットに標準装備となりました。
好きなところにウィジェットを追加し、リッチテキスト書式設定の機能で表現ができます。
短時間に多くのことが実現できるようになりました。

その他、いろんな機能が改修され使いやすくなっています。

参照先:『WordPress Codex 日本語版』

WordPress 4.7.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

WordPress 4.7.5 セキュリティ・メンテナンスリリース

2017年5月16日、WordPress 4.7.5 が公開(WordPress 4.7.5 セキュリティ・メンテナンスリリース)されました。
これは過去のすべてのバージョンに対するセキュリティリリースですので、今すぐサイトの更新を行うことを強く勧めます。

主な変更点

WordPress 4.7.4 とそれ以前のバージョンは、6件のセキュリティ問題の影響を受けます。
また、3件のメンテナンス修正を行なっています。

WordPress 4.7.5 への更新は 「ダッシュボード」 > 「更新」メニューから。
自動バックグラウンド更新をサポートしているサイトではすでに更新のプロセスが進んでいるはずです。

参照先:『WordPress Codex 日本語版』