WordPressの新しいブロック エディターにはまる

WordPressの新しいブロック エディターにはまる

WordPress 5.0から標準エディターとして採用されたブロック エディターですが、とても使いやすいです。クラシック エディター(旧エディター)で書かれたものを全て書き換えたいくらいになるほどはまっています。

使い方ではまってしまったと言うわけではありません。すみませんm(_ _)m

初めて使ったときは・・・

正直に言うと、最初は戸惑うことがありました。
しかし、使っていくうちにとても使いやすく感じました。

ブロック単位で操作が出来ることが、こんなに便利なものと使ってみて初めて分かりました。
Google 検索してみると ブロック エディター は使いづらいと書かれているページをよく見かけます。内容を読んでないので・・・と書くのもなんなので、今から少し読んでみます。(勘違いしてるといけないので)

巷で言われている ブロック エディターが使いづらい理由

意見としては、
「ただただ使いづらくなっただけ」
「やっぱり使ってみて思うのは今までのエディタの方が使いやすい」
「初めて見るこの画面で、今までのエディタと違って使い勝手がわかりません」
「新しいエディタは毎回ブロックの選択が必要なので無駄なクリックが多くなる」
となどなど意見。

このあたりは慣れの問題でしょうか。

次に、主観的でないヤバい理由もあるようです。
「テーマ固有や自作のショートコードはブロック エディター(Gutenberg)のエディターでは使用することができない」
「使用しているプラグインが不具合を起こした」
「プラグインの AddQuickTag など便利に使えていた機能も使えなくなってしまった」
などなど、今まで使えていたものが使えなくなると言う問題を抱えてしまったようです。

そこで、「クラシック エディターに戻る」と言う選択をする人も居るようです。

ショートコードは「カスタム HTML」で対応できないのかな?
アフリエイトだと個々のページの任意の場所にショートコードを入れるプラグインを使うなどしてのかな?
他人事だけど、なんか面倒くさそうですね・・・

メンテナンスフリーを希望してたので

私が使っているテーマは、WordPressにバンドルされている基本テーマしか使っていません。
理由は「WordPressとの相性が良い」の一点だけです。

他のテーマを使っている人には新しい ブロック エディター で不具合が出るかもしれません。実際に不具合が出ている人も居るようですし。
WordPress 5.0.3 のリリースでは、バンドルされたテーマの修正も多々入りましたし。

そのあたりの修正内容等は実際は詳しく見ていません。
仕事がらPHPファイルをガシガシ読むことも可能だと思いますが、できれば読みたくないですもんね。

WordPressを使う理由が細かなメンテナンスをしたくないからと言う理由もあり、メンテナンスフリーで使いたいからです。
ですからテーマやプラグインを選択する際も、最も大きな選択条件は 「WordPressとの相性が良い」 になります。

今回、不具合もなくスムーズに移行できたのはラッキーでした。
やはりメンテナンスフリーで運用を心がけると楽ですね。

人それぞれの使い方で

今回のケースでもそうですが、WordPressを無料で使わせてもらっている以上、自己責任が付きまといます。

ただ、仕事で使っている人は独自のカスタマイズでしか客先要望に応えられない場合もあると思います。
また、趣味等の世界を表現するのはやはりカスタマイズが必要な場合もあると思います。

使い方は人それぞれですから、良いとか悪いとかは無いと思います。

お勧めは

やはり ブロック エディターを使うようにしたいですね。
昔の「クラシック エディター」に頼っていても、いつかはそのプラグインも消えてなくなります。その時どうするか?です。

WordPressのメンテナンスに力を割くよりもコンテンツ作りに時間を割きたいですからね。

あくまでも個人の意見なので参考までに。
最後までお読みいただきありがとうございました。
あっ、最後の最後に ブロック エディター やはり使い易いですよ^^

WordPress 5.0.3 メンテナンスリリース

WordPress 5.0.3 メンテナンスリリース

2019年1月9日、WordPress 5.0.3 がリリースされました。
5.0.3 は37件のバグ修正、7件のパフォーマンス改善が行われたメンテナンスリリースです。

主な改善点は下の通りです。

コアの修正点

  • 組込みテーマ 15件
  • カスタマイズ 2件
  • エディタ 5件
  • 国際化 2件
  • スクリプトローダー 1件
  • アップロード 1件

ブロックエディタの修正点

  • パフォーマンス改善 7件
  • バグ修正 11件
  • コア 1件

詳しくはWordPress Codex 日本語版 WordPress 5.0.3 メンテナンスリリースのページで確認してください。『WordPress Codex 日本語版 Version 5.0.3』

WordPress 5.0.2 メンテナンスリリース

WordPress 5.0.2 メンテナンスリリース

2018年12月19日、WordPress 5.0.2 がリリースされました。
5.0.2 は73のバグに取り組むメンテナンスリリースです。

このリリースで最も改善されたのは、ブロック エディターのパフォーマンス改善です。
アナウンスされている計測値では、200のブロックを持つ投稿に対して330%高速化したとされています。

主な改善点は下の通りです。

  • 全部で45のブロックエディターの改善が含まれています ( 14のパフォーマンス強化と31のバグ修正 ) 。
  • 同梱しているすべてのテーマに渡って、17のブロックエディター関連のバグを修正しました。
  • スクリプトの読み込みに関する国際化 ( i18n ) の問題も修正されました。

詳しくはWordPress Codex 日本語版 WordPress 5.0.2 メンテナンスリリースのページで確認してください。『WordPress Codex 日本語版 Version 5.0.2 メンテナンスリリース』

WordPressの新しいエディター

WordPressの新しいエディター

WordPressの5.0から新しいエディターが標準エディターになりました。
このページも新しいエディターで書いています。
慣れるまで違和感があるのと、細かな指定の仕方がわからないこともあり、多少戸惑っています。が、実は気に入り始めてます。
逆に単純に書き込むだけならより簡単になったようにも感じます。

「HTMLやCSSの知識が無くても使えるエディター」になっていますし、編集もしやすくなったと感じています。

また、文章の文字を修飾するカスタマイズを行いたい場合、以前のようにHTML表示に切り替えてHTMLを修正すれば済むそうなので細かなことがしたい場合にも問題もなさそうです。

新しいエディタ Block Editor( Gutenberg )

新しいエディタはBlock Editor と呼ばれているようです。
開発中は Gutenberg と呼ばれていたようです。
もっと詳しく知りたい場合は、しばらくの間は Gutenberg で検索した方が良いかも。

Block Editor の使い方

初めてのものは使うときに戸惑いますね。
私も最初に「どう操作するのかな?」って思いました。
なので少しだけ使い方と言うか、ブロックの追加と種類の確認をと。

で、 Block Editor の使い方ですが、エディタの名まえの通り、目的の種類のブロックを追加してテキストや画像等の追加と設定を行うだけです。
下の図の赤枠内の+をクリックするとブロックが追加できます。

+をクリックすると下の図ように追加したいブロックの選択メニューが表示されます。
デフォルトで[よく使うもの]が表示されるようですが、この他にも追加できるブロックの種類は多く全部を理解するのも大変そうです。

ブロックの種類は

  • インライン要素
  • Common Blocks
  • 整形
  • Layout Elements
  • ウィジェット
  • 埋め込み

と(今のところは)用意されています。
[よく使うもの]だけでも普通に記事も書けると思います。

ブロックは上下入れ替えもできるため、後で構成の見直しもできますし、間違ってへんなところに挿入されても入れ替えができるので苦になりません。

画像の貼り付けもペイントブラシ等でクリップボードにコピーをしておけば、ブロック エディター上で Ctrl+v や Ctrl+p で貼り付けができとても便利です。

ブロックの削除

ブロックの削除は下の図のようにメニューを表示して、ブロックの削除を選択すると消すことができます。

[段落]の場合はテキストが入力されていないとメニュー表示ができず、その時はBack space で消せるなど、少し癖もありますが少し試行錯誤すれば慣れると思います。

公開するには

公開するには左上の[公開する]をクリックして公開します。

ただし、公開する前に[文書]タブをクリックして、カテゴリーやタグを付けるなど忘れずに行いましょう。

まだ使い始めたばかりなので、おいおい試しながら使い方を学んでいこうと思ってます。
可能なら使い方も載せていきたいと思います。

以上、WordPressの新しいエディターについて少し書いてみました。

WordPress Block Editor ブロックを追加できない

Block Editor なのにブロックを追加できない!?

WordPress 5.0になっていざ Block Editor を使おうと思ったら、なんとブロックを追加できない!?ってなりました^^;
下の図の赤枠のように+が使用不可になっています。

もともとHTMLで直書きをしていたので、ブロック エディターでなくても良いのですが、やはり新しいものなら使ってみたくなるものですよね。

で、ふと思ったのが、ビジュアルリッチエディターを使わない設定にしていたのを思い出しました。ブロック エディターもビジュアルリッチエディターなのではないかと。

やはり、ビジュアルリッチエディターを使用しないにチェックが入ってます。

ブロック エディターを使うには

上のようにブロックが追加できないような状態のときは、[ユーザー]>[あなたのプロフィール]を開き、 ビジュアルリッチエディターを使用しないのチェックを外しましょう。
私と同じ原因で使えないのなら、それでブロック エディターが使えるようになります。

ブロック エディターなかなか使いやすいですね。
なかなか良いかも^^

WordPress 4.9.9 セキュリティリリース

WordPress 4.9.9 セキュリティリリース

2018年12月13日、WordPress 4.9.9 がリリースされました。
WordPress 3.7以降のすべてのバージョンのセキュリティリリースです。
すぐにサイトを更新することを強くお勧めします。

4.9.9は、5.0にアップグレードせずに自動的に更新するように設定されているWordPressサイトでは、4.9.9に自動アップグレードされます。
5.0にアップグレードされ、自動更新を設定されたサイトでは、5.0.1にアップグレードされます。

4.9.9と同様のセキュリティリリースが行われた5.0.1はWordPress Orgで以下のようにアナウンスされています。

  • Karim El Ouerghemmiは、著者が許可されていないファイルを削除するためにメタデータを変更できることを発見しました。
  • RIPS Technologies Simon Scannellは、著者が特別に細工された入力を持つ不正な投稿タイプの投稿を作成する可能性があることを発見しました。
  • サム・トーマスは、貢献者がPHPオブジェクト注入の結果としてメタデータを作成する可能性があることを発見しました。
  • Tim Coenは、コントリビュータがより高い権限を持つユーザーからの新しいコメントを編集し、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を招く可能性があることを発見しました。
  • Tim Coenは、特別に細工されたURL入力が、状況によってはクロスサイトスクリプティングの脆弱性を引き起こす可能性があることも発見しました。WordPress自体は影響を受けていませんでしたが、プラグインはいくつかの状況にある可能性があります。
  • チームYoastは、いくつかの珍しい構成でユーザーアクティベーション画面を検索エンジンで索引付けすることができ、電子メールアドレスの公開につながり、場合によってはデフォルトのパスワードが生成されることを発見しました。
  • Tim CoenSlavcoは、Apacheホストサイトの作者がMIME検証をバイパスする細工されたファイルをアップロードし、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を引き起こすことを発見しました。

詳しくは下のWordPress Org Version 5.0.1 のページで確認してください。
『WordPress Org Version 5.0.1』

WordPress 5.0.1 セキュリティリリース

WordPress 5.0.1 セキュリティリリース

2018年12月13日、WordPress 5.0.1 がリリースされました。
WordPress 3.7以降のすべてのバージョンのセキュリティリリースです。
すぐにサイトを更新することを強くお勧めします。

4.9.9は、5.0にアップグレードせずに自動的に更新するように設定されているWordPressサイトでは、4.9.9に自動アップグレードされます。
5.0にアップグレードされ、自動更新を設定されたサイトでは、5.0.1にアップグレードされます。

セキュリティリリースが行われた5.0.1はWordPress Orgで以下のようにアナウンスされています。

  • Karim El Ouerghemmiは、著者が許可されていないファイルを削除するためにメタデータを変更できることを発見しました。
  • RIPS Technologies Simon Scannellは、著者が特別に細工された入力を持つ不正な投稿タイプの投稿を作成する可能性があることを発見しました。
  • サム・トーマスは、貢献者がPHPオブジェクト注入の結果としてメタデータを作成する可能性があることを発見しました。
  • Tim Coenは、コントリビュータがより高い権限を持つユーザーからの新しいコメントを編集し、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を招く可能性があることを発見しました。
  • Tim Coenは、特別に細工されたURL入力が、状況によってはクロスサイトスクリプティングの脆弱性を引き起こす可能性があることも発見しました。WordPress自体は影響を受けていませんでしたが、プラグインはいくつかの状況にある可能性があります。
  • チームYoastは、いくつかの珍しい構成でユーザーアクティベーション画面を検索エンジンで索引付けすることができ、電子メールアドレスの公開につながり、場合によってはデフォルトのパスワードが生成されることを発見しました。
  • Tim CoenSlavcoは、Apacheホストサイトの作者がMIME検証をバイパスする細工されたファイルをアップロードし、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を引き起こすことを発見しました。

詳しくは下のWordPress Org Version 5.0.1 のページで確認してください。
『WordPress Org Version 5.0.1』

WordPress 5.0 リリース

WordPress 5.0 リリース

WordPress 5.0が2018年12月6日リリースされました。
5.0では次の対応が行われました。

・新エディターBlock Editor(Gutenberg)のデフォルト化。
・PHP 7.3以降の対応。

今回のエディターの変更は操作方法がガラリと変わってしまったため、戸惑うことも多いと思います。
私もかなり戸惑っています。

慣れれば使いやすいという声も多いので、慣れるしかないのでしょう。

また、今回のバージョン5.0から日本語版も自動リリースされるようになったそうです。
これまでは手動だったのでわざわざ日本語版に更新せず使っていたのですが、自動で更新されるなら一度日本語版に更新しておこうかなと思います。

詳しくは「WordPress Org 5.0」まで

WordPress 公開した記事を非公開にする方法

公開した記事を非公開にする方法

今回は公開してしまった記事を非公開にする方法を紹介します。

私も良くやってしまうのですが、公開するつもりが無かったのに「下書き保存する」ボタンをクリックするのではなく、間違えて「公開」ボタンをクリックしてしまいます。
まだ書きかけ中の時はもちろん、誤字脱字の見直し中の時も、「やってしまった!」と焦って、一応慌てて非公開に戻します。
一応は・・・誰も見てないのはわかっているのですがね・・・あはは、、、

 
 

記事を非公開にする方法

記事を非公開にするのは知っていればとても簡単です。

非公開にしたい記事をいつも通り編集します。
「投稿の編集」画面の右上に[公開]ボックスが表示されていますので、その中から「公開状態:公開 編集」の編集リンクをクリックします。

 
 

公開状態が展開され、以下のような「公開」「パスワード保護」「非公開」の選択表示に変わります。

次に、非公開を選択します。
「OK」ボタンをクリックします。
「更新」ボタンをクリックします。
すると記事は非公開になります。

再度記事を公開する方法

公開状態で[非公開]にしているので、下の図のように「公開」ボタンが表示されていません。
再度公開するときにも「公開状態」を変更してあげる必要があります。
非公開にした時と同じように操作して今度は公開します。

 

その他の注意点

一般の人からは非公開のため、表示されませんが、ログイン状態でWebサイトを確認すると、「非公開:記事タイトル名」のような形で表示されています。
この辺りは気にすることないのですが、ログインしたままでWebサイトを見ると「あれ?変な風に表示されてる??」となりますので、念のためお知らせしておきます。

以上、「WordPress 公開した記事を非公開にする方法」の紹介でした。

WordPress ニックネームを変更する

WordPress ニックネームを変更する

WordPress で始めに行うことの一つに、ニックネームを変更する作業があります。
これは WordPress セキュリティを高めるために行います。

初期設定で設定されているニックネームは、ログイン名と同じです。
変更を行わないと不正なログインを行いたいハッカーに、不用心にもログイン名を教えてしまっていることになります。

WordPress のニックネームとは

WordPressのニックネームとは、記事を公開したときに表示される投稿者のことです。
下のように投稿者が表示されていると、そこにニックネームが表示されます。

WordPress ニックネームを変更する方法

WordPress ニックネームを変更する方法はとても簡単です。
簡単に変更できるので、WordPress でWebサイトを立ち上げたらすぐにニックネームを変更してしまいましょう。

ダッシュボード>ユーザー>あなたのプロフィール と進んでください。

 

「プロフィール」画面が立ち上がります。
下方向にスクロールを進めると「ニックネーム(必須)」と「ブログ上の表示名」が表示されます。

 

まずは、ニックネームを変更します。
先ほども記述したとおり、ニックネームは投稿した記事に投稿者として表示されます。
自分のWebサイトに則したニックネームにすると良いと思います。
ニックネーム(必須)欄に任意のニックネームを入力してください。

ニックネーム(必須)欄に任意のニックネームの入力を終えたら、次はブログ上の表示名を先ほど変更したニックネームに選択し直します。
ブログ上の表示名はリストボックスになっているので、表示される任意のニックネームを選択します。

上の2つの変更を行ったら、「プロフィールを更新」ボタンで変更を保存します。
「プロフィールを更新」は「プロフィール」画面の一番下にあります。

「プロフィールを更新」ボタンをクリックしたら「ニックネームの変更」作業は終了です。

後は正常に変更したニックネームで表示されているかを確認してください。

 

以上、「WordPress ニックネームを変更する」でした。
セキュリティ対策としてちゃんと変更しておきましょう。