WordPress テーマとは

WordPress を始めると「どのテーマを使おうか」って少し悩みますよね。

WordPressにはテーマというものが有りますがどんなものなのでしょう?
外観に特化したプラグインのようなものなのかな?
機能的には、テーマを選択することで、作成したWebサイトの見た目のデザインをテーマに沿って簡単に変えることができます。
また、固定ページにマッチしたテーマを使うことで、一般的なブログ形式ではなくホームページ形式外観にすることもできるようです。

テーマってなかなか奥が深そうですね。もう少し掘り下げてテーマをみたいと思います。

テーマとは

テーマとは、作成したサイトの見た目のデザインを決めるファイルの集まりです。
小難しく言うと、「テーマはWordPressで構築されたWebサイトの外観を制御するモジュールです」です。
一般的なブログで「スキン」や「テンプレート」と呼ばれるものにプログラムによる振る舞いを追加した機能のこととも言えます。

テーマは、サイトのレイアウトを作るテンプレートファイルや表示内容を動的に作り出す処理ファイルで構成されています。それらのファイルによってテーマは独自のデザインと振る舞いで個性を出しています。
テーマは、WordPressの他のデータから分離された表示用のプログラムとリソースの集合体で、WordPressの管理画面から使用するテーマを簡単にインストールしたり、更新したり、削除したり、切り替えたりすることができます。

WordPressのテーマは、多くの個人や企業から提供されています。テーマを選ぶ重要な指標はデザイン性です。しかし一方、誰が作ったのか?安心して使えるのか?などセキュリティ面も考慮する必要が有ります。
また、如何にテーマの数が多いとは言え、作成したサイトのイメージに100%合致するテーマは無いと思った方が良いです。テーマは手を加え自分の好みや必要な機能を追加して作りこんでいく「カスタマイズ」するものと考える必要も有ります。

テーマのカスタマイズは必要?

テーマは進んだシステムです。

テーマシステムが導入される前、WordPressが表示する内容のデザインはindex.phpとコメント用のファイルのみで処理されていました。
デザインを扱うのはスタイルシートだけでした。カテゴリーページやアーカイブページを含め、それ以外のページはすべてindex.php内のパラメータにより処理されていたのです。
テーマシステムは2つの利便性をもたらしてくれました。

物理的に各項目を分割
WordPressの新しいモジュール式テンプレートファイルシステムはPHPファイルを複数の部品に分割することに寄与しました。これにより、カテゴリーアーカイブ/enや月別アーカイブ/enや個別記事ページのような、ページに応じたデザイン・ファンクションが可能になりました。
レイアウトやデザインの変更を簡単に
アップロードできる環境さえあれば、テーマファイルをアップロードし管理画面から変更するだけでサイト全体のデザインを変えることが出来るようになりました。
以前の方法はまだ機能しています。嘗ての方法を使っていても、テーマファイルを加える邪魔はしませんし、簡単に切り替えることも出来ます。

(※プライバシー・ポリシーWordPress Codex 日本語版から)

こんなに進んだテーマなら、そのまま使っても問題がなさそうですが、、、どうでしょうか?
もちろん素テーマのまま使っても良いのですが、使ってくるうちに装飾が物足りなくなったと言う話も聞きますし、検索順位を上げたいので手を加えたいとか、だんだんと自分の思い浮かべたイメージに沿ったWebサイト(ブログサイト)を作りたくなります。
その結果テーマを少しカスタマイズしたいと思い始めることが多いです。

テーマはあくまでもテンプレートとしての位置づけですので、自分のイメージ沿ったWebサイト(ブログサイト)にするために、そして他のWebサイト(ブログサイト)との差別化のために、プラグインをインストールして手を加えたりする他、CSSやプログラムに手を加えて行くことになります。

今回はテーマについて概要を調査し纏めただけですが、テーマはカスタマイズできるので、いろいろ試して行きたいと思っています。
試したらまた記事にして報告したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です