WordPressのテーマを決める

さてと次は、いよいよ見栄えを少し良くしていきますか?
WordPressで見栄えと言えば、テーマ選びですよね。

WordPressのテーマを決める

まずWordpressで使うテーマとは、あなたのWebサイトの見た目のデザインを決定的に決めるもので、テンプレートとも呼ばれています。
テーマ選びはとても大切で、テーマ次第でWebサイトの印象が決まるかも。。。と言って差し障りないと思います。
今のこの「Wordpressでブログ」サイトもこの時点では、白と黒のモノクロで、飾り気も全くない、残念なサイトです。。。
あなたが読むころには、もう少し見栄えが良くなって居て欲しいと願っています。あっ、見栄えだけじゃなく内容の充実も。。。

テーマはデフォルトでインストールされているテーマ以外にも、いろんな個人や企業が作成・公開しており、とても沢山あります。
どのテーマでWebサイトを装うかはあなた次第です。

とは言うものの、どれでもOKってわけではありません。
ファッショナブルな見た目にのみ捕らわれず、

  1. 機能・構成がWebサイトに合っているか
  2. メンテナンスする際のし易さは大丈夫か
  3. 開発元は信用できるか

など、自分の基準を定め選定する必要が有ります。

私は今は明確な基準を持ってないので、とりあえずデフォルトで入っている「Twenty fifteen」を選びました。
Twenty Fifteenの簡単な説明はここにあります。
このテーマは2015を冠していることから、とりあえずレスポンシWebデザインに対応していることを始め、ユーザに見易くSEOでも有利になると考えたからです。
また、メンテナンスはデフォルトのテーマと言うことで情報も一番多いだろうとの考えです。
開発元の信用に至っては考える必要はないですからね。

WordPressテーマのカスタマイズとメンテナンス

何度もくどく言うようですが、どのテーマを選ぶかは皆さん次第です。
Wordpressの良く使われているテーマをメンテナンスるすることは難しいことでは有りません(もちろん全てを自分で理解することはとても大変ですが。。。)。良く使われてるテーマは誰かが情報を出してくれる可能性が高く、それを真似れば何とかなります。
一方、マイナーなテーマは誰も情報出していない可能性が高いです。そのテーマで何か問題が出た場合、自分で解決する必要が有ります。
特にPHPのソースコードに慣れないうちは大変かと思います。

テーマはひととおり手を加えずとも見栄えが良いように作られているものから、カスタマイズ前提のものまでいろいろ出ています。そのため、まだ個別に手を入れる風習が残っています。
なお、プラグインでカバーできるものも多いですから、プラグインをがんばって探しプラグインに精通すればなんとかなる気もします。

ちなみにメンテナンスですが、例えばウェブマスターツールの登録時にメタタグとかHTMLのコードを入れたと思いますが、プラグインを使わない限りテーマのヘッダースタイルファイルかhead.phpファイルなどに編集を行う必要があります。
運営をしていくうちに、そのようなメンテナンスやちょっと独自風にアレンジしたいとかでカスタマイズが幾つか出てきます。
メンテナンスやカスタマイズ性とその情報が容易に誰かからもらえるかどうかは初心者のテーマ選びには重要な要素です。ちなみにカスタマイズでプラグインや共通部分に修正をかけた箇所以外は、テーマを変えるたびに修正する必要が有ります。

テーマを設定する方法

前置きはこの程度にしておいて
実際のテーマを設定する方法ですが、
「ダッシュボード>外観>テーマ」で選択します。
新しいテーマを選びたいときは、「新しいテーマを追加」をクリックして選択します。
ちなみに有効にしないとテーマは選択されたことになりませんので注意してください。

テーマをカスタマイズして独自の装飾を飾りたくなるのは常の話なので、テーマのカスタマイズはおいおいやって行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です