ページビュー数 訪問者数 ユーザー数

ページビュー数 訪問者数 ユーザー数

ブログを開設していると、誰か見に来てくれないかな?って思うものです。
先日、どのページが良く見られているかを確認できる WordPress ページビュー数を確認するプラグイン「 WordPress Popular Posts 」を紹介しました。
その中で、ページビュー数を確認すると書きましたが、 ページビュー数 訪問者数 ユーザー数 の違いすぐにわかりますか?

ページビュー数 訪問者数 ユーザー数

ページビュー数 訪問者数 ユーザー数


私は少し曖昧だったので検索して違いを調べてみました。

ページビュー数

ページビュー数 は、単にページが開かれた(表示)回数のことのようです。
同じ人が何度も 開いて 閉じて を繰り返しても、そのたびに 1 カウント追加されます。
ページビュー数は略して PV 数とも書かれます。
また、似たような感じで アクセス数 と呼ばれることもあるようです。

訪問者数

訪問数 は、1回の訪問で同じサイト内の複数のページを何回表示させても、一定時間内であれば「訪問数」は1のままです。
訪問者数は同じ人が一定期間内に何度 開いて 閉じて を繰り返しても、 1 カウントしか追加されません。
一定期間内とは、(Webサイトの設定で変わってきますが)、おおよそ最後に操作してから20分~30分間何もしないまま経過するまでが一定期間とみなされます。途中操作をするとまた時間は延長されます。
また、日付け が変わった時や 参照元 が変わったときも カウント されるようです。

ユーザー数

ユーザー数は、一定期間の間に同じ訪問者(現在は同じブラウザ)であれば、何度来ても1回しか追加されない数のことです。
一定期間は一週間とか一ヶ月とかまちまちに集計します。
ただし、同じユーザーでもブラウザを変えたり、PCとスマホの両方からアクセスしていると、ユーザー数は 1 ではなく、 2 になったり 3 になったりします。

なんとなく、 ページビュー数 訪問者数 ユーザー数 の違いは分かりましたか?
このキーワード以外にも「セッション数」と言う言い方を良く見かけますが、訪問者数と同意で使われることが多いようです。
人によって定義が異なったりしていますし、人が思う定義と異なっていますが、あくまでも指標なので、指標がどう変化しているかを大きく捉えることに利用しましょう。

Google Analytics などを使い始めると、初めて聞く言葉も多く戸惑いますね。
気になったキーワードを調べて紹介していくことで私も理解していきたいと思っています。

以上、ページビュー数 訪問者数 ユーザー数 でした。

WordPress 投稿ページと固定ページの使い方

こんにちは!
WordPressの固定ページって使ってますか?どんな時に使うんだろうって、WordPressを使い慣れてきてても思うとき有りますよね。WordPressの
今回はWordPressをより広く使うために投稿ページ固定ページの使い方について説明します。といっても概念だけなので身構えずに、「なんだ〜そんな感じなんだ」程度の理解で十分です。
実際に使うときはまた具体的な例を出して説明していきたいと思います。

投稿ページと固定ページ

ご存じのとおり、WordPressには投稿ページと固定ページが有ります。
Webサイト(ブログサイト)を図書館に例えてみます。
投稿ページは、本や雑誌、その他CDやDVDと言ったものです。
固定ページは、図書館を利用するために便利な案内情報と言ったところで、ご利用案内、フロア情報、本のジャンル情報、検索情報と言ったサポートを行うものです。

イメージは掴めましたか?
あなたが一生懸命に作成した「投稿ページは本や雑誌」です。そして「固定ページは本や雑誌を使いやすくサポートする案内情報」というイメージです。

投稿ページとは

では、具体的にWordPressの投稿ページの特徴を見てみましょう。
投稿の新規追加から作った投稿ページ(記事)は、カテゴリーページやタグページと紐づき自動的にトップページにも表示されます。

また、WordPressの投稿ページにはRSSの生成がされるので、新着情報の発信などにも向いています。

このことから投稿ページとは、Webサイト(ブログサイト)の趣旨に関わる情報発信を行うページで、作成後自動で表示され、新着情報などにも有利なページです。

固定ページとは

次に、具体的にWordPressの固定ページの特徴を見てみましょう。
固定ページ機能を使って、固定ページを作成するとページ属性を選ぶことによって自由にレイアウトやデザインを変えたページを作ることができるようになります。ただし、そのような機能を持ったテーマを選ぶか、自分で固定ページのテンプレートを作成し登録すれば、ですが。

WordPressの固定ページは投稿ページ(記事)と異なり自動で最新に表示されることは有りません。その代り自分で表示するように手配する必要が有ります。
メニューに組み込んだり、他の固定ページから呼ばれるようにしたり。

このことから固定ページとは、Webサイト(ブログサイト)全体の情報に関わる情報発信を行うページで、Webサイト(ブログサイト)の趣旨ページだったり、問い合わせページだったり、カテゴリー表示でもゴチャゴチャになってきた場合は固定ページでどうにかしたりする時に便利なページです。

固定ページを使いこなすには、WordPressやPHP、CSSにを固定ページのテンプレートが作れる程度に精通する必要が有ります。
一晩で勉強できるほど簡単なものではなさそうですが、固定ページを上手く利用してより良いWebサイト(ブログサイト)を作ることはとても大切なことです。
少しずつでも良いので、WordPressやPHP、CSSの学習を行いましょう。

WordPress テーマとは

WordPress を始めると「どのテーマを使おうか」って少し悩みますよね。

WordPressにはテーマというものが有りますがどんなものなのでしょう?
外観に特化したプラグインのようなものなのかな?
機能的には、テーマを選択することで、作成したWebサイトの見た目のデザインをテーマに沿って簡単に変えることができます。
また、固定ページにマッチしたテーマを使うことで、一般的なブログ形式ではなくホームページ形式外観にすることもできるようです。

テーマってなかなか奥が深そうですね。もう少し掘り下げてテーマをみたいと思います。

テーマとは

テーマとは、作成したサイトの見た目のデザインを決めるファイルの集まりです。
小難しく言うと、「テーマはWordPressで構築されたWebサイトの外観を制御するモジュールです」です。
一般的なブログで「スキン」や「テンプレート」と呼ばれるものにプログラムによる振る舞いを追加した機能のこととも言えます。

テーマは、サイトのレイアウトを作るテンプレートファイルや表示内容を動的に作り出す処理ファイルで構成されています。それらのファイルによってテーマは独自のデザインと振る舞いで個性を出しています。
テーマは、WordPressの他のデータから分離された表示用のプログラムとリソースの集合体で、WordPressの管理画面から使用するテーマを簡単にインストールしたり、更新したり、削除したり、切り替えたりすることができます。

WordPressのテーマは、多くの個人や企業から提供されています。テーマを選ぶ重要な指標はデザイン性です。しかし一方、誰が作ったのか?安心して使えるのか?などセキュリティ面も考慮する必要が有ります。
また、如何にテーマの数が多いとは言え、作成したサイトのイメージに100%合致するテーマは無いと思った方が良いです。テーマは手を加え自分の好みや必要な機能を追加して作りこんでいく「カスタマイズ」するものと考える必要も有ります。

テーマのカスタマイズは必要?

テーマは進んだシステムです。

テーマシステムが導入される前、WordPressが表示する内容のデザインはindex.phpとコメント用のファイルのみで処理されていました。
デザインを扱うのはスタイルシートだけでした。カテゴリーページやアーカイブページを含め、それ以外のページはすべてindex.php内のパラメータにより処理されていたのです。
テーマシステムは2つの利便性をもたらしてくれました。

物理的に各項目を分割
WordPressの新しいモジュール式テンプレートファイルシステムはPHPファイルを複数の部品に分割することに寄与しました。これにより、カテゴリーアーカイブ/enや月別アーカイブ/enや個別記事ページのような、ページに応じたデザイン・ファンクションが可能になりました。
レイアウトやデザインの変更を簡単に
アップロードできる環境さえあれば、テーマファイルをアップロードし管理画面から変更するだけでサイト全体のデザインを変えることが出来るようになりました。
以前の方法はまだ機能しています。嘗ての方法を使っていても、テーマファイルを加える邪魔はしませんし、簡単に切り替えることも出来ます。

(※プライバシー・ポリシーWordPress Codex 日本語版から)

こんなに進んだテーマなら、そのまま使っても問題がなさそうですが、、、どうでしょうか?
もちろん素テーマのまま使っても良いのですが、使ってくるうちに装飾が物足りなくなったと言う話も聞きますし、検索順位を上げたいので手を加えたいとか、だんだんと自分の思い浮かべたイメージに沿ったWebサイト(ブログサイト)を作りたくなります。
その結果テーマを少しカスタマイズしたいと思い始めることが多いです。

テーマはあくまでもテンプレートとしての位置づけですので、自分のイメージ沿ったWebサイト(ブログサイト)にするために、そして他のWebサイト(ブログサイト)との差別化のために、プラグインをインストールして手を加えたりする他、CSSやプログラムに手を加えて行くことになります。

今回はテーマについて概要を調査し纏めただけですが、テーマはカスタマイズできるので、いろいろ試して行きたいと思っています。
試したらまた記事にして報告したいと思います。

WordPress プラグインとは

WordPressにおけるプラグインとは、WordPressの機能を拡張するためのツールです。プラグインを利用することでWordPressを自分の思うようなWebサイト(ブログサイト)に仕上げることが可能です。
プラグインは多岐に渡ってWordPressを支えてくれています。例えば、WordPressを使っているといろいろな問題に直面します。スパムコメントをどうにかしてほしい。HTMLやCSSのコードを書きたい。サイトマップを自動で作って欲しい。。。etcetc…また、Webサイト(ブログサイト)の外観やイメージを決めるテーマもプラグインの一つです。

プラグインとは

プラグインとは、サクッとプログラム出来る人達や企業が一般の人たちの為に、いろいろな機能を提供してくれる素晴らしい機能もしくはそのプログラムのことです。

プラグインはWordPressの設計思想が形となったものです。WordPress のコアは堅牢性と保全性を保つために、どうしても必要なコア機能以外は外付けで組み込むようにしているようです。そのために簡単に機能拡張ができるように設計されています。
ユーザーはそれぞれのニーズに合ったプラグインを利用してカスタム機能を取り入れることで、WordPressをより使いやすものとして利用できるようになります。

プラグイン使用時の注意

ここでは、プラグインの検索方法とインストール方法を取り扱いません。プラグインの検索方法やインストール方法はいろいろなWebサイトで紹介されているのでググって検索してください。

プラグインを使う際は少なくとも2つの注意点が有ります。
・単純に「ヤバいプラグイン」かもしれないこと。
・このプラグインって「古い(新しい)プラグイン」だけど大丈夫?
の2つです。

「ヤバいプラグイン」かもしれない

これはもう説明の必要もない注意点ですよね。
プラグインをインストールする際は、全て自己責任です。全く知らない他人の作ったプラグインです。公式サイトで配布されているのならまだしも、野良プラグインはなにが潜んでいるかわかりませんから気を付けましょう。
また、公式で配布されていても内部エラーが発生したり、その機能が動くと極端に重くなったりするケースも考えられます。インストール件数が極端に少ないなど実績の少ないプラグイン場合などは、テストWebサイト(ブログサイト)でテストしてから本番へ適用するなどしましょう。

誰が提供してくれてるのか身元不明(公式で配布されてない)

どんなコードが書き込まれてるかわからない。犯罪の土台にされるかも。データが改ざん・消去されるかも。。。怖くて使えません。
インストールするのを諦めましょう。

入れたは良いけど内部エラーが発生し動かない

よさそうなテーマだったので入れてみたら、内部エラー「500」が発生しWebサイト(ブログサイト)自体が動かなくなった!どうやったら、プラグインを削除できるの??
テストWebサイト(ブログサイト)でテストしてから本番へ

急に重たくなったんだけど。。。

プラグイン入れたらあるページだけ途端に重たくなって動きが悪いんだけど。。。なにが悪いの?
テストWebサイト(ブログサイト)でテストしてから本番へ

「古い(新しい)プラグイン」だけど大丈夫?

プラグインにも要件が有ります。PHPやMySQLの対応バージョンに注意が必要です。また、セキュリティ面でも注意が必要です。
逆に新しすぎてレンタルサーバのPHPやMySQLが対応バージョン未満ってケースもままあります。

古いプラグインはセキュリティホールが有るかも

古いプラグインの場合、昔見つかったセキュリティホールがそのまま放置されたまま提供されている可能性が有ります。
数年まえから更新されていないようなプラグインにこの危険性が有ります。
何年も更新されていないようなら、同機能の新しいものを探しましょう

対応バージョンに注意

現在使用しているレンタルサーバのPHPやMySQLのバージョンが使用しようとしているプラグインに合致しているかが問題になります。PHPやMySQLは下位互換が高いと言えますが、それでも下位互換性のない変更点が幾つか有ります。
レンタルサーバのPHPやMySQLのバージョンが高い場合、下位互換性のない機能や関数等が使われていると動かない可能性が高いです。
逆に新しすぎるプラグインの場合、現バージョンでサポートしていない機能や関数が使われていると動かないです。
バージョンの要件が合うか事前に確認しましょう

プラグインはとても使い勝手の良い機能ですが、全てOKと言うわけではないので注意しましょう。特に入れたけどWebサイト(ブログサイト)が立ち上がらないなどとならないように細心の注意が必要です。

WordPress トラックバック(Trackback)とは

トラックバックとは

トラックバック(Trackback)とは、ブログの主要機能の一つで、他のブログ記事に自身のブログへのリンクを作成する機能のこと。
例えば、他の人のブログの記事がとてもわかり易く書かれていたので、その内容を引用・参照するためにリンクをしましたと通知するような時に使われます。

トラックバックと呼ばれるようになる前は、コメントを利用してリンクを張リましたとか、自分のWebサイトのリンクを載せてもらえないかと伝えたりしていました。トラックバック機能は、自動でリンクを作成し通知ができる点で以前に比べ、かなり簡単にできる点が特徴です。

トラックバックスパム

一方でWebサイトの評価にリンクが関係しているとの噂・事実?もあり、自動でリンクを作成し通知するトラックバックは、ブラックSEOのツールにもなりました。
送り先のコンテンツの中身を参照せずに、無作為もしくは機械的な手順によってトラックバックをする行為は「迷惑トラックバック」と言われています。
トラックバックスパムを行なっているWebサイトは、自分のWebサイトの評価を高める為にtラックバックしたり、自分のWebサイトへ誘導することが目的であるアダルトWebサイトであったりします。

トラックバックはとても便利な機能ですが、ある日自分のブログのコメント欄がアダルトWebサイトの広告で埋まっていないように、トラックバックの受信設定には注意しましょう。

WordPress 見出しh1 h2 h3 タグ

WordPressの見出しについて少し考えてみました。
記事を読み易くするために、見出しの重要性についてはご承知の通りと思います。ではWordPressではどのようにhタグを利用すれば記事が読み易くなるのでしょうか?
具体的な修飾例については「見出しの修飾方法」を参照してください。

WordPressの見出し

WordPressはサイト名や投稿記事名(記事タイトル名)について、自動で見出し化してくれます。
でもWordPressといえども、記事の文章だては分からないので、文書を読みやすくするための見出しが付かないとか、インデントができないとか、その辺りはいろいろ自分で書く(設定する)必要が有ります。
文章を読みやすくする作業の中で最初にするのは、やはり見出しを作ることだと思います。見出しを作ることでのっぺりした文書もメリハリが付き、何について書いてあるのか事前にわかるため読みやすくなります。
見出しをきちんと作れば先頭に目次を出すことも出来るようになりますし。
そのためにまずは読み手が一目見てわかる見出しを付けましょう。今回はWordPressの見出しについて考えてみました。

h1 h2 h3・・・タグとは

基本的な使われ方

Webサイト(ブログサイト)の見出しはHTMLのタグを使います。h1〜h6のタグを使用します。タグ名のhとはHeadingの略で見出しを意味しています。 h1が最上位の見出し(大見出し)で、以下数字が小さくなるにつれて下位の見出し(小見出し)となります。h6が最下位の見出しです。
WordPressのテーマによって異なりますが、h1とh2はテーマが良く使っています。TentyFifteenでは、トップ画面のサイト名にh1タグが使われ、投稿記事の記事名にh2タグが使われています。
単一記事の場合は、投稿記事名(記事タイトル)がh1タグでサイト名にはタグが使われてh2タグは使われていません。
テーマ作成者の考えで、h1タグとh2タグが使われたり使われなかったり。記事の見出し設定をh2タグを使うか使わないかどうするか、この辺りの考え方はちょっと厄介ですね。

SEO的には

SEO的にはh1タグが2・3か所に出てきても特に有利に取り扱われることも不利(ペナルティ)になることも無いと言われていますが、はっきりは分からない状況です。おおむね今はそうでもこれからどうなるかは不明だとくらいに思っておけば間違いないでしょう。

また厳密にh1タグから順にh2タグ,h3タグ,h4タグと使わないとSEO的にダメ、文書構造がちゃんしてないからと順位が下がると考えている人も居るようですので、その辺りは個人の考え方の違いが出ると思います。

ちなみにWordPressで厳格にhタグを使用しなくてはと考えるとテーマ選びで苦労するか、テーマをカスタマイズするかしないとダメだと思います。
それより質の良い記事を書くことで順位を上げた方が良い気がします。それにGoogleが本当に厳格なhタグの使用を求めるようになったら、それに沿ったテーマがどんどん出てくると思いますので、その時にテーマを変更すれば良いと考えます。

h1 h2 h3・・タグの使い方

私はh3タグから

WordPressのテーマにh1タグとh2タグが使われていることから、記事を書く時に私はh3タグから使うようにしました。h3タグの修飾ならトップページでも単一記事でも同じにそろえられ、読み易いかなと思ってそうしました。
ただ、トップページを捨てて単一記事に絞るのならh2タグの使用も良いかと思います。SEO的にはh2タグの方が記事のキーワード登録に多少なりとも有利だと思います。

私の場合は単一記事の場合h2タグが使われないことになりますが、それはそれで仕方ないかなって思っています。

なにで記事の中で一番大きな章立てをh3タグで行います。
この記事の場合「WordPressの見出し」がh3タグで一番大きな章立てです。
その中に「h1 h2 h3タグとは」「h1 h2 h3タグの使い方」「見出しの修飾方法」とh4タグの見出しを付けています。更に細かく分けたい場合は、h5タグ、h6タグを使用します。

なお記事の内容が少ない場合はh3タグのみで終わってしまうことも有ります。

実はいつも悩んでいます

記事のタイトル(h1タグもしくはh2タグ)とh3タグの見出し、、、。使い方もバラバラで、何か統一しないとと考えています。

考慮する点は、
・まずは記事を読んだ時の読み易さ
・Google等検索エンジンでの結果表示の記事内容の読み安さ
です。

記事タイトルで表現するなば、記事タイトルが長めにし、h3タグを短めに。
h3見出しを長めにして、記事タイトルを短めに。

ちなみに、記事タイトルが長すぎるとGoogle等検索エンジンでの結果表示でお尻が切れてしまいます。いつも悩みます。
とりあえずは、SEO的には記事タイトルの方が有利なので検索されたいキーワードをきちっり入れておき、h3タグは読み易さ重視って感じで考えています。
同じ文書は基本的に使わない方が容易です。重複しても意味がないし。ただ、今はなにも考えずにとりあえず入れてしまってることも有るので、ちょっと反省しています。

見出しの修飾方法

具体的な修飾例については「見出しの修飾方法」を参照してください。

見出しの使い方はSEOにも関係してくるので、皆さんも自分なりに考え、見出しを付けてください。