WordPress レンタルサーバ移動 引っ越し(5)

「WordPressでブログ」の運用レンタルサーバをInfinitoPlusからExpressWebへ移行中です。先回は「新データベースを作る」作業を実施して、新しい稼働先のExpressWebへWordPress用のデータベースをExpressWebの機能を使い作成しました。

今回は次の作業「新データベースにデータをリストア」を実施します。
リストアとはバックアップしたデータベースを復旧させることを言います。今回の場合だとInfinitoPlusのMySQLのデータベースをバックアップから、ExpressWebのMySQLへデータベースを復旧する作業のことになります。
今回はデータベースのバックアップをSQL文で取得したので、SQL文をそのまま新データベース上で実行すれば、WordPressのデータベースが復旧されます。

  1. 現レンタルサーバからFTPで関係ファイルを全部ダウンロード
  2. 現データベースのデータのバックアップ
  3. 新データベースを作る
  4. 新データベースにデータをリストア
  5. 新データベースのテーブル名(プレフィックス)を変更
  6. wp_config.phpのプレフィックスとデータベース接続情報を変更
  7. 新レンタルサーバにFTPで全ファイルアップロード
  8. 稼働テスト
  9. DNSの切り替え

新データベースにデータをリストア

まずは、phpMyAdminを立ち上げ新しく作成したデータベースへ接続します。
私の環境ではExpressWebの管理画面からMySQLを操作するphpMyAdminを立ち上げます。

phpMyAdminでSQL文からデータベースをリストします。
MySQLでSQL文からリストア
①データベースを選ぶ
今回作成したデータベースを選び(クリック)ます。
②インポートタグをクリック
操作タグの中からインポートタグ探しクリックします。
③先ほどバックアップしたファイルを選択
インポートするファイルの中の「ファイルを選択」ボタンをクリックし、「2.現データベースのデータのバックアップ」でバックアップしたSQLファイルを選択します。
④実行する
右下の「実行する」ボタンをクリックし、インポートを実行します。

実行結果を確認します。
それ程大きなWebサイトの引っ越しでない限り、数秒で終了すると思います。尚、プラグイン等で非常に大きなデータを扱っているケースも有るらしく、その際はある程度時間が掛かると思います。
実行が終了する下のような画面表示に変わります。
porting05
①成功のメッセージが出ているか確認
「インポートが正常終了しました。***個のクエリを実行しました」と表示されます。phpMyAdminのバージョンによって多少変わるかもしれませんが、成功した旨のメッセージ出ているか確認します。
もし、インポートが正常にできない旨のメッセージなら、異常を調査し対応します。
②11個のテーブルが出来ているか確認
WordPress4.2.2のデフォルトのテーブル数は11個です。今後のバージョン次第でテーブル数が増えるかもしれませんし、プラグインでプラグイン固有のテーブルを使用している場合は増えている可能性が有ります。

これを機会にテーブルの中を覗いてみるのも良いです。wp_postsなどをデータを見ると、見覚えのある投稿記事がデータの中に見えるはずです。

これで新データベースにデータをリストアは終了です。
思っていたより簡単にデータ移行ができたのではないですか?データのバックアップを行うとき圧縮をしてZip形式ファイルにもできるそうです。インポートできる最長のファイルは75MiBだそうです。ちょっとMiBの単位が良く分かりませんが、限界の大きさはちょっと調べていないのでわかりませんが、いざって時の為に違う形式、違う方法で試しに練習しておくことも不具合対応練習として良いかもしれません。

新データベースにデータをリストアでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です