ドメイン更新料 を比較してみました

ドメイン更新料

今回は、 ドメイン更新料 について少し調べたのでその メモ(備忘録) です。

独自ドメインを使っていると、更新時期になると更新料が気になります。
そこでドメイン更新料がどのドメイン管理会社が安いかを調べて比較してみました。
と言っても、今回は .com のみですが^^;

尚、更新料・価格はキャンペーンなどによって変わるため、時期によって変わると思います。
また、移管料が安いと移管した方が安上がりの場合もあります。
なので、更新料が載ったページにリンクを貼り、すぐに調べることが可能なようにしてあります。

ドメイン更新料 比較

比較するドメイン管理会社は、個人的に良く聞くところにしてあります。
個人で契約出来ないところは省いています。

・ お名前.com
・ ムームードメイン
・ バリュードメイン
・ スタードメイン
・ エックスドメイン

ドメイン管理会社 更新料金表 価格(年)
お名前.com https://www.onamae.com/service/d-renew/price.html 1,280円
ムームードメイン https://muumuu-domain.com/?mode=price 1,280円
バリュードメイン https://www.value-domain.com/domlist.php 1,280円
スタードメイン http://www.star-domain.jp/price/all_list.php 1,180円
エックスドメイン https://www.xdomain.ne.jp/domain/price.php 1,180円

この他にも格安なドメイン管理会社があると思いますが、この中では1,180円の スタードメイン と エックスドメイン が100円安で頭一つ抜けてますね。※2017年8月時点での価格です。

更にスタードメインだとポイントも付くのでお得感がアップします。
スタードメインのポイントはまた別の機会に紹介します。

注意!
ドメイン管理会社ごとにサービスが異なります。
例えば、
・ 自動更新 が簡単にできるか
・ Whois情報 の公開代行をしてくれるか
・ 電話サポート があるか
・ レンタルサーバと連携していてそちらで割引サービスがある
・ 管理がわかりやすいか
・ すぐに他のドメイン管理会社に移行できるか
・ ネームサーバーの設定サービスがあるか
などなど。
更新料だけでなく、他のサービスも重要なので注意してくださいね。

ドメインの種類について

ドメインは、一般トップレベルドメイン = gTLD (generic Top Level Domain)と国別コードトップレベルドメイン =ccTLD (country code Top Level Domain)と呼ばれるものがあります。

gTLD は誰でも取得できるドメインで、 ccTLD は国や地域ごとに割り当てられた(一部取得に条件がある)ドメインです。

gTLD には、.com .net .info .biz .org .asia などがあります。
ccTLD には、 .jp .co.jp ne.jp .or.jp .jp.net .jpn.com などがあります。

ドメイン更新を忘れてたらどうなるの?

ドメイン更新を忘れていると、そのドメインを使用したURLにアクセスしてもサーバーが見つからなくなります。
サーバーが見つからないので、誰も訪れる人が居なくなります。

更にドメイン自体は、他の人の申請で買われてしまうこともあるため、2度と手に入らないことになることもあります。
名刺やその他の媒体にURLやメールアドレスを記載していると結構大変なことになります。

ドメイン運営会社によっては更新日が過ぎても復活させることができるサービスがあるところもあります。
しかし、即時復旧されるかの問題もありますので、自動更新ができるところが望ましいです。

Whois情報公開代行について

まず、Whois情報とはドメインの登録者情報のことで、ドメインの登録者情報をネット上で公開することが義務付けられています。
ドメインを登録した人の名前・住所・メールアドレスなどの個人情報を公開することになります。

公開すると個人情報の漏洩やスパムメールが来るなどのデメリットが多いので、ドメイン管理会社ではWhois情報を代行してドメイン管理会社の情報に変えて公開してくれるサービスをするところがあります。
このサービスが Whois情報公開代行 と呼ばれています。
Whois情報公開代行 サービスを利用することで 登録者の情報 を公開する必要がなくなります。

個人では個人情報が公開されるだけでメリットが無いので、Whois情報公開代行サービスを利用することをおすすめします。

以上、ドメイン更新料 を比較してみました。

WordPressのWebサイトをスパムから守る「Akismet」プラグイン

WordPressで最初に入れるプラグイン

WordPressのWebサイトをスパムから守る小技というか、必須のプラグイン「Akismet」の紹介です。

この「WordPressでブログ」WebサイトでもAkismetプラグインを使っています。
その効果は、
「Akismet は、1,527件のスパムコメントからあなたのサイトを保護しました。現在16件のコメントをスパムとして捕らえています。」
となっています。

この「WordPressでブログ」Webサイトはほとんどアクセスが無いにも関わらず、スパムコメントだけには!人気なんですね。。。情けない(´Д`)ハァ…

で、本題に戻ると、このAkismetプラグインですが、
迷惑なスパムコメントを自動的に判定して振り分けてくれます。
自動判定してくれるので、自分で見て削除する必要がないので、管理者の運用をとっても助けてくれます。
WordPressをインストールするとデフォルトで入っています。
また無料(personal plan)でできるし、WordPressを運営している会社が提供・管理しているので安心です。

使用するにはユーザー登録(APIキーの入手のため)が必要ですが、そんなに難しくないので、必ず使用しましょう。

「WordPress Akismet」で検索すると、APIキーの入手や設定方法が丁寧に書かれたページがすぐに出てくるので検索してみてください。

以上、WordPressのWebサイトをスパムから守る「Akismet」プラグインの紹介でした。

WordPress ロゴマーク

WordPress ロゴマーク です。

https://wordpress.org/about/logos/」から貰ってきました。じゃなくて、リンクを張っただけでした。ダウンロードしてちゃんと保存すれば良いんだろうけど、、、
リンクが無くなったら、役に立たなくなるけど、あしからず。。。

WordPress ロゴマーク

 

WordPress Desktops

WordPress Colors

この公式のWordPressのカラーパレットです。
デザインには疎いのでこのようにカラーパレットまできっちり公開してるってちょっと感動です。

  • Blue color swatchBlue
    Pantone 7468
    CMYK 97, 44, 26, 3
    Hex #21759b
    RGB 33, 117, 155
  • Orange color swatchOrange
    Pantone 1665
    CMYK 6, 86, 100, 1
    Hex #d54e21
    RGB 213, 78, 33
  • Grey color swatchGrey
    Pantone Black 7
    CMYK 65, 60, 60, 45
    Hex #464646
    RGB 70, 70, 70

WordPress プラグイン WP Multibyte Patchについて

WP Multibyte Patchをとりあえず有効にしておきましょう。
詳しい理由はわかりませんが、文字化け防止と文字の取り扱いで不具合が起きないようにしてくれているみたいです。

WP Multibyte Patchとは

WP Multibyte Patchのプラグインの説明に「詳しい説明を読む」と言うのが有るので、そこを読むとなんとなくわかった気がするようになります。
なので、気になる方はそこを読みましょう。一応リンクを張っておきます「WP Multibyte Patch

私なりに簡単にかいつまんで言うと、上にも書きましたが「文字化け防止と文字の取り扱いで不具合が起きないようにしてくれる」プラグインです。
基本的に必須のプラグインと考えています。

WP Multibyte Patchを有効にするには

ダッシュボード>プラグイン>インストール済のプラグインからWP Mulibyte Patchを「有効化」をクリックするだけです。
全く難しくありません。

WP Mulibyte Patchで困ること

この記事を書いたのは私と同じWordPress初心者にWP Mulibyte Patchを有効にしましょうとの啓蒙も有ったのですが、気になる話も有ったので。

それはビジュアルエディターのメニューが真っ白、もしくは四角い箱のみになったという話を聞きました。実は私もその現場を見ました。IEではほぼ真っ白に、Chromeでは四角い箱だけになって並んでいました。

実際は、マウスカーソルを上にあてるとポップアップで説明が表示されるので、だいたいは感で操作可能のようでしたが、初心者だとちょっと辛いかも。。。と言うことで。

それを見たとき、お願いをしてWP Mulibyte Patchをアンインストールしてもらいました。そしてその後すぐにインストールしました。
結果は正常にビジュアルエディターのメニューが表示されるようになりました。

もし、同じことが起きている人が居たら、ダメもとで再インストールしてみてください。

インストールする時は、ダッシュボード>プラグイン>新規追加で、WP Mulibyte Patchを検索します。トップに表示されるのでそのままインストール、有効化するだけです。

重要なプラグインだけに何か影響が出ると怖いですよね。
もし、有効化していない人がまだ居たらすぐに有効化しましょう。

WordPress ピングバック(pingback)とは

ピンバックとは、記事に中に参考にしたページのURLを記載することによって、WordPressが自動的に記事中にURLが無いか探し、見つけた場合に参考にしたURLに知らせるシステムです。

トラックバックととてもよく似たシステムです。
トラックバックは参考にしたURLに自分で手動で通知しますがしますが、ピンバックは自動でURLを発見し通知する点に違いがあります。
また、ピンバックはXML-RPCとトラックバックはHTTP POSTとプロトコルを採用しています。トラックバックでセキュリティホールが有ったってことも有りましたよね。

ピンバックを有効にするか無効するかは、ダッシュボード>設定>ディスカッションの中の投稿のデフォルト設定で設定が出来ます。
設定箇所を読めば設定はわかりますよね?
ちなみに私はどちらも有効にしています。
でも、Akismetはしっかり入れてます。皆さんもスパム対策しっかりとしてくださいね。